Q.
投票できません
票 ( %)
  • 柔道整復師
  • 養成施設等の学生
  • その他の医療関係者
  • 医療とは無関係の人
  • 答えは追加できません

6
コメント

  • タグの書き込みはできません
  • コメントの修正、削除には必ずパスワードが必要ですので必ず保管してください。
地域によっても、また所属している柔道整復師団体によっても保険施術に対する考え方が異なるようですね。

私たち柔道整復師に許された受療委任払いという制度を逆手にとって悪用してしまうようでは今後、この制度が取り上げられてしまう可能性も否定しきれません。

今一度、柔道整復師としての初心に立ち返り、コンプライアンス意識とモラルを再認識する必要に迫られているのだと考えます。
今回のムーブの不正請求問題はいつかは来るだろうと思われた事。
私は接骨院を開業して20年あまりになるが、もっと請求しなさいとか、
保険が効く間に儲けないととか言う先生が結構回りにいます。残念で
しかたありません。そんなことを言う先生ほどいい加減にやっているから。
共存共栄を模索していた私が馬鹿だったのでしょうか。柔整業界も今回の事
真剣に真摯に受け取って欲しい。このままでは、保険使用権利が終わってしまいます。まじめに施術している先生と患者さんが本当にかわいそうです。
一日でも長く委任払いが出来るように全柔整師で考えるべきです。
整体一郎先生、書き込み有難うございます。m(__)m
また、稚拙な文章の羅列なのに、過分の評価を頂いて心苦しく思います。

「低周波導子の修理にハンダごてを用いる」などと書けば、この業界独特な時代が伺えますね。
徒弟制度の色がまだ、色濃く残っていた時代です。
辛くて逃げ出したくなることは、一度や二度ではありませんでしたね。

でも、そのおかげで今の私があります。
今になって思えば、あの頃が懐かしくもありますね。
先生のホームページをこの前初めて拝見させていただきました。大変中身の濃いホームページでビックリしています。情報の速さ、量、どれをとっても大変興味深い内容です。これからも、勉強させて頂きます。因みに、多分同じ年代だと思います。干渉波機器の修理法や低周波機器の導子のハンダゴテでの接着など、懐かしく拝読させていただきました。(その時は、タイムスリップして、亡くなった師匠のことなど思い出しました。厳しい師匠でしたが、先生の言わんとする本当の‘柔整師‘でした。)しかし、私はどうなんだろう、、、最近少し、企業家かもしれせん、、先生のブログは、初心を思い出させてくれます。これからも、拝読させて頂きます。突然の事で、失礼ですが挨拶に代えさせて頂きます。整体一郎
ホロンさん、書き込み有難うございます。m(__)m

高校1年生の時から志望を決めているなんて、すごいですね~。
太郎は高校3年生の終わりごろ、柔道整復師の道を選んだでしょうか。(^^;

太郎のBlogをはじめHPは、柔道整復師の人たちをはじめ柔道整復師の学校に在学する人を対象に書かれています。
ですから、ホロンさんには意味不明なことや読めない漢字さえあることかと思います。m(__)m

そのような専門的なお話は分からないとしても、この業界で起こっていることや柔道整復師はどうあるべきか?など、ホロンさんにも分かって頂けるお話も中にはあるでしょうね。

でも、今、ホロンさんが置かれている立場は高校1年生です。
まず、今自分は何を優先すべきなのかを考えて、学校での勉強に力を注いで下さいね。(^O^)/
整骨太郎先生初めまして。いつもblogを楽しく読ませてもらっています。
僕は将来柔整師なりたいと思っている高校一年生です。brogでは僕知らなような事も多く出てきて難しいですがためになっています。これからも
頑張ってください。